アルブチンとは?その効果・効能

アルブチンの効果・効能

美白成分として有名なアルブチンとは、同じく美白成分として知られる「ハイドロキノン」の配糖体(糖への反応が高い部分に糖以外の物質が結合しているもの)です。

アルブチンにも種類があります。
ウワウルシやこけももなどの葉っぱに含まれる天然のハイドロキノンの配糖体がβアルブチン、ハイドロキノンとブドウ糖を配糖化酵素でα結合したものをαアルブチンといいます。

アルブチンは、メラニン色素を合成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制するという美白効果を持っています。

しみやくすみの原因となるのは、肌に沈着したメラニン色素ですが、このチロシナーゼ酵素がメラニンの過剰生成を促します。
通常ならメラニン色素はターンオーバーによって肌の奥から押し上げられて排出されていくのですが、過剰に生成されるとなかなか排出されず肌に新着してしまいます。 アルブチンには、メラニンを作り出すチロシナーゼを抑制する効果があるので、優れた美白効果を得ることが出来るということになります。

この美白効果は、βアルブチンにもαアルブチンにもありますが、効果の高さに関しては若干の違いがあります。 美白効果を高めるために開発されたαアルブチンは、天然由来の成分であるβアルブチンの約10倍もの効果があると言われています。 そのため、より早く効率よく美白をしたいという場合は、αアルブチンが使われている美白化粧品を選ぶといいでしょう。


アルブチンの安全性・副作用

アルブチンの効果・効能

さきほど「αアルブチンにはβアルブチンの約10倍もの効果がある」と書きましたが、安全性という面で考えると、天然の植物由来の成分で作られているβアルブチンの方が安心です。

効果が強ければ、それだけ副作用の危険性も増します。
化学合成によって作られる成分は、それだけに高い効果を得ることができますが、人工の成分は肌への親和性は低いので刺激になってしまうこともあります。

普段から肌トラブルが起きやすい、化粧品でかぶれることがあるという敏感肌の方は、トラブルのリスクが高くなるのでまずはβアルブチンを使ってみた方がいいでしょう。

また、副作用に関しては特に心配が必要なものはありません。
アルブチンよりも美白作用に優れた効果を持つハイドロキノンは、肌に強い刺激を与えたり、肌の色が白く抜けてしまう白斑など深刻な副作用がありますが、アルブチンはハイドロキノンのような副作用はありません。

ただしハイドロキノンとブドウ糖を結合させたαアルブチンだと、成分の中にハイドロキノンが含まれているので、ハイドロキノンで肌トラブルが起きたことがある場合は、同じような症状が起こることもあるので注意してください。
肌が弱い人はもちろん副作用のリスクを軽減したいという方も、天然由来の成分で作られているβアルブチンを配合している美白化粧品を使用するのがおすすめです。

ベストコスメランキング

シミ対策化粧品の人気ベストランキング。トライアルセットがあるものはまずはあなたの肌との相性を実感してみるのがおすすめです。

ビタミンC誘導体が配合された人気のコスメ

アンプルール

美白とアンチエイジングに特化したアンプルールのラグジュアリーホワイト HQシリーズ。トライアルセットが新しくなって登場です。

ラグジュアリーホワイト HQを詳しく
ビーグレン

お悩みに合わせたトライアルセットが人気のドクターズコスメ「ビーグレン」。リピート率が高いのが期待と効果の現れです。

ビーグレン QuSomeホワイトを詳しく
サエル

敏感肌の方のためのコスメメーカー「ディセンシア」から敏感肌の人でも使える美白コスメ「サエル」が登場!使い心地をまずはお試しセットで試してみて。

ディセンシア サエルを詳しく

気になる美白成分の効果を解説

H
ハイドロキノンの効果・効能

その美白効果から医療機関でも用いられるハイドロキノン。「究極の美白成分」とも呼ばれるハイドロキノンの効果・効能と、その特徴についてまとめました。本気のシミ対策に。

C
ビタミンC誘導体の美白効果・効能と副作用

そのままでは浸透率の悪いビタミンCの肌への馴染みを良くしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白コスメはもちろんニキビ対策やアンチエイジングなど幅広いお悩みにマルチに対応できる成分です。

P
プラセンタの効果・効能 | クレオパトラも愛用の美肌成分

プラセンタは哺乳類が赤ちゃんを生む際に胎児を包んでいる胎盤のことです。日々成長する赤ちゃんを守り、栄養もたっぷりのプラセンタはクレオパトラやマリー・アントワネットなど歴史上の美女たちも愛用していた成分です。1000年以上もの使用歴があり、重い副作用も確認できていません。