アスコルビン酸とはどんなもの?その効果・効能は?

アスコルビン酸の効果・効能

アスコルビン酸とは、ビタミンCとしても効能があるとされるラクトン構造の有機化合物で、アスコルビン酸にあるL体は水溶性のビタミンCの一種です。

そのため、美容面の効果や効能はビタミンCとほぼ同じと言っていいでしょう。

ビタミンC誘導体の効果・効能と副作用」も参考になさってください。

ビタミンCは抗酸化作用がとても高いため、体内の細胞の酸化を防ぐという効果を持っています。

シミやしわ、たるみなど肌の老化は紫外線などのダメージによって、体内に活性酸素が大量に生成されることも一つの原因になります。
活性酸素がたくさん生成されると、肌細胞を攻撃してしまい機能を低下させたり変性したりしてしまいますが、これを酸化(サビ)と言います。

肌細胞が本来の機能を失ってしまうと、健康で美しい肌を維持することができなくなるのですが、アスコルビン酸(ビタミンC)は自らが酸化することで活性酸素から細胞を守ってくれるのです。

この働きによって、美肌効果やアンチエイジング効果を得ることができます。


アスコルビン酸とコラーゲン生成の関係

アスコルビン酸とコラーゲンの関係

アスコルビン酸はコラーゲンの生成にも大きく関わっています。

コラーゲンはタンパク質の一種で真皮層に存在していて、ネットのような状態で表皮を支えています。これがモチモチとした肌ざわりの元となるわけです。

そのため真皮にコラーゲンが豊富だと、このネットがしっかりと張っているので表皮もピンとハリのある状態になります。
しかし年齢などによりコラーゲンが減少してしまうとハリがなくなってだらんと垂れ下がったような状態になってしまうために、肌の弾力もなくなってしまうということになります。

アスコルビン酸は直接コラーゲンの材料になるものではないものの、アスコルビン酸がないとコラーゲンは生成されません。
アスコルビン酸をがあることでコラーゲンの生成もスムーズに行われるため、ハリと弾力のある素肌作りには欠かせないのです。


アスコルビン酸の美白効果

アスコルビン酸にはチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きがあります。

肌が紫外線などから強い刺激を受けると、アミノ酸の一種であるチロシンがチロシナーゼによって黒色メラニンへと変性されます。
黒色メラニンはシミ等の原因となるもので、この色素が肌に沈着することでシミやそばかすなどが引き起こされます。
チロシナーゼの働きを邪魔して黒色メラニンの生成を抑える働きにより、多くの美白化粧品にも用いられています。

アスコルビン酸のその他の効果・副作用

ビタミンCというと「風邪予防」というイメージがある方も多いかと思います。
アスコルビン酸にも免疫力を高めるという効果があります。

免疫力というと、風邪などウイルスや感染症から体を守る機能と言うイメージがあるかもしれませんが、ニキビなどの菌からも肌を守ってくれます。
ニキビ菌に対して直接働くわけではないのですが、きちんと免疫機能が働くことで細菌などの繁殖は防ぐことができます。

副作用としてはビタミンC誘導体同様、肌の状態によっては乾燥が引き起こされることがありますかもしれませんが、保湿を心がけることで防ぐことができます。

ベストコスメランキング

シミ対策化粧品の人気ベストランキング。トライアルセットがあるものはまずはあなたの肌との相性を実感してみるのがおすすめです。

コウジ酸が配合された人気のコスメ

アンプルール

美白とアンチエイジングに特化したアンプルールのラグジュアリーホワイト HQシリーズ。トライアルセットが新しくなって登場です。

ラグジュアリーホワイト HQを詳しく
ビーグレン

お悩みに合わせたトライアルセットが人気のドクターズコスメ「ビーグレン」。リピート率が高いのが期待と効果の現れです。

ビーグレン QuSomeホワイトを詳しく
サエル

敏感肌の方のためのコスメメーカー「ディセンシア」から敏感肌の人でも使える美白コスメ「サエル」が登場!使い心地をまずはお試しセットで試してみて。

ディセンシア サエルを詳しく

気になる美白成分の効果を解説

H
ハイドロキノンの効果・効能

その美白効果から医療機関でも用いられるハイドロキノン。「究極の美白成分」とも呼ばれるハイドロキノンの効果・効能と、その特徴についてまとめました。本気のシミ対策に。

C
ビタミンC誘導体の美白効果・効能と副作用

そのままでは浸透率の悪いビタミンCの肌への馴染みを良くしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白コスメはもちろんニキビ対策やアンチエイジングなど幅広いお悩みにマルチに対応できる成分です。

P
プラセンタの効果・効能 | クレオパトラも愛用の美肌成分

プラセンタは哺乳類が赤ちゃんを生む際に胎児を包んでいる胎盤のことです。日々成長する赤ちゃんを守り、栄養もたっぷりのプラセンタはクレオパトラやマリー・アントワネットなど歴史上の美女たちも愛用していた成分です。1000年以上もの使用歴があり、重い副作用も確認できていません。