エラグ酸とは?その効果・効能

エラグ酸の効果・効能

エラグ酸とは、いちごやベリー類、ざくろ、ナッツ類などに豊富に含まれているポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは優れた抗酸化作用があり、植物由来という安全性から化粧品やサプリメントだけではなく、厚生労働省から認可を受けて食品の品質を保つための添加物としても使われています。

エラグ酸は、肌の漂白剤という異名を持つほど美白効果高いハイドロキノンと同等の効果があります。

ただしハイドロキノンは出来てしまったシミに対しての美白効果ですが、エラグ酸の場合はメラニンの生成を防ぐ予防美白の効果になります。

紫外線を浴びると、基底層に存在するメラノサイトが活性化されて、メラノサイト内にあるチロシンという物質がチロシナーゼ酵素によってメラニンへと変換します。
紫外線は黒いものに吸収されるという性質を持っているので、メラニン色素は黒色に変化し肌細胞を紫外線から守るという働きをしてくれます。
ですが、メラニン色素が増えすぎると色素沈着が起こり、しみを作り出してしまうのです。

エラグ酸というのは、チロシンを変性させるチロシナーゼの働きを抑制するので、メラニン色素の過剰生成を抑える効果があることから優れた予防美白の効果を得ることが出来るのです。


エラグ酸のアンチエイジング効果

エラグ酸の効果・効能

また、エラグ酸にはアンチエイジング効果もあると言われています。

不規則な生活習慣や栄養不足などで活性酸素が大量に発生すると、細胞が酸化して血中の過酸化脂質が増加します。
過酸化脂質は老化の原因物質となるものですが、エラグ酸は過酸化脂質の過剰生成を抑えてくれるので、体内の老化を防ぐ効果が期待できます。

過酸化脂質が溜まった状態のことを過脂化といいますが、肌がこの影響を受けると、メラノサイトから過脂化したメラニン色素が生成されてしまいます。
過脂化したメラニンというのは通常よりも濃い色素を作るため沈着すると濃いシミになってしまいますし、さらに過脂化したメラニンを取り込んだ細胞は排出されにくくなるため、ターンオーバーを活性化してもシミを取り除くのが難しくなります。

そのため、過酸化脂質の生成を防ぐエラグ酸はしわやシミの生成を防ぐアンチエイジング効果も得ることが出来るということになります。


エラグ酸に副作用はあるの?

一般的に美白効果が高い成分は肌への刺激が強いため、副作用があると言われていますが、植物から抽出されているエラグ酸であれば刺激は少ないので安心して使えます。

ただ、コストの関係もあるので、タラタンニンという水溶性化合物を酸化して生成されたものだと、肌の状態によっては合わないこともあります。
敏感肌や乾燥肌の人はパッチテストをしてから使用しましょう。

ベストコスメランキング

シミ対策化粧品の人気ベストランキング。トライアルセットがあるものはまずはあなたの肌との相性を実感してみるのがおすすめです。

気になる美白成分の効果を解説

H
ハイドロキノンの効果・効能

その美白効果から医療機関でも用いられるハイドロキノン。「究極の美白成分」とも呼ばれるハイドロキノンの効果・効能と、その特徴についてまとめました。本気のシミ対策に。

C
ビタミンC誘導体の美白効果・効能と副作用

そのままでは浸透率の悪いビタミンCの肌への馴染みを良くしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白コスメはもちろんニキビ対策やアンチエイジングなど幅広いお悩みにマルチに対応できる成分です。

P
プラセンタの効果・効能 | クレオパトラも愛用の美肌成分

プラセンタは哺乳類が赤ちゃんを生む際に胎児を包んでいる胎盤のことです。日々成長する赤ちゃんを守り、栄養もたっぷりのプラセンタはクレオパトラやマリー・アントワネットなど歴史上の美女たちも愛用していた成分です。1000年以上もの使用歴があり、重い副作用も確認できていません。