ハイドロキノンとは?その効果・効能

ハイドロキノンの効果・効能

今や、ほとんどの女性が「美白成分の中でももっとも効果が高い成分」と答えることが出来るというぐらい有名なのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われるぐらい強力な美白効果を持っており、厚生労働省にも美白成分として認可されています。

ただ、厚生労働省が認める美白成分は他にもたくさんあるのに、ハイドロキノンがもっとも効果があると言われているのは、ダブルの美白効果があるからです。

美白効果というのは、紫外線などを浴びたときに活性化するチロシナーゼの働きを抑制してメラニン色素を作らせないようにする予防美白と、すでに肌に沈着しているメラニン色素を排出する還元美白の2種類があります。

一般的な美白成分と呼ばれるもののほとんどは、予防美白か還元美白のどちらかの効果しかありません。
そのため、自分が行いたい美白ケアに合った美白成分を選ばないと効果がないのですが、ハイドロキノンは予防美白と還元美白両方の効果を持っているのです。

チロシナーゼの働きを抑制するハイドロキノン

ハイドロキノンの効果・効能

ハイドロキノンはメラノサイトに直接アプローチして、メラノサイトの中にあるチロシナーゼという酵素の働きを防ぎます。

チロシナーゼはチロシンという物質を黒色メラニンに変化させるという働きを持っているため、紫外線などの刺激で活性化すると濃いシミが出来てしまいます。
ハイドロキノンは紫外線によって働きが活発になったチロシナーゼを抑制するので、その結果シミの生成を防ぐという美白効果を得ることができます。

さらに、シミは角質層の奥に沈着したメラニン色素が排出されないことで引き起こされますが、ハイドロキノンはこのメラニンを取り去るという働きがあることも分かっています。

他の美白成分にもこういった効果を持つものがありますが、ハイドロキノンはその中でもメラニン色素の還元作用にもっとも優れた効果を持っているので、肌の漂白剤と言われています。

もともと、ハイドロキノンはメラニン色素還元作用が強いため、火傷などによるメラニン色素沈着の処方箋として皮膚科の診察がないと使うことができませんでした。
しかし近年では、濃度を規定することで一般の基礎化粧品などにも配合することが可能になり、美白成分として高い人気となっています。

皮膚科医の診察を受けなくても気軽に使えるようになったので、今までシミに悩まされていた女性をはじめとして、シミやしわを作りたくない女性の間ではハイドロキノンを配合した美白化粧品を使うのはとても一般的になってきています。

ベストコスメランキング

シミ対策化粧品の人気ベストランキング。トライアルセットがあるものはまずはあなたの肌との相性を実感してみるのがおすすめです。

ハイドロキノンが配合された人気のコスメ

アンプルール

美白とアンチエイジングに特化したアンプルールのラグジュアリーホワイト HQシリーズ。トライアルセットが新しくなって登場です。

ラグジュアリーホワイト HQを詳しく
ビーグレン

お悩みに合わせたトライアルセットが人気のドクターズコスメ「ビーグレン」。リピート率が高いのが期待と効果の現れです。

ビーグレン QuSomeホワイトを詳しく

気になる美白成分の効果を解説

C
コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

コエンザイムQ10は化粧品による肌の外側のケアだけでなく、サプリメントで体の内側から働きかける成分としても人気です。では実際のコエンザイムQ10の効果とは?有名メーカーでも使われるコエンザイムQ10についてまとめました。

C
ビタミンC誘導体の美白効果・効能と副作用

そのままでは浸透率の悪いビタミンCの肌への馴染みを良くしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白コスメはもちろんニキビ対策やアンチエイジングなど幅広いお悩みにマルチに対応できる成分です。

P
プラセンタの効果・効能 | クレオパトラも愛用の美肌成分

プラセンタは哺乳類が赤ちゃんを生む際に胎児を包んでいる胎盤のことです。日々成長する赤ちゃんを守り、栄養もたっぷりのプラセンタはクレオパトラやマリー・アントワネットなど歴史上の美女たちも愛用していた成分です。1000年以上もの使用歴があり、重い副作用も確認できていません。