ハイドロキノンの副作用と注意点

ハイドロキノンの副作用

アメリカなどでは、ごく一般的にシミやしわ、ニキビなどの治療薬としてハイドロキノン療法が用いられていましたが、その強力な美白作用から、日本では数年前まで皮膚科での処方が必要でした。

そのため、ハイドロキノンの美白効果を知っている美容情報に敏感な方などは、アメリカなど海外の化粧品を個人輸入で購入して使用していました。

しかし日本でも2001年から化粧品にも配合できるようになり、今は海外の化粧品を購入する人も減ってきています。

現在でも高濃度で美白効果が高いものが欲しいという場合は、濃度の規定がない海外商品を購入しているようです。

確かに、ハイドロキノンの濃度が高ければ、その分優れた美白作用を得ることが出来ます。

ただし処方箋が必要だったことからもお分かりのように、効果が高い分だけハイドロキノンには副作用のリスクがあります。

刺激の強いハイドロキノンは副作用の心配も

ハイドロキノンは美白効果が高いだけに肌への刺激も強いので、濃度の高いものを使うと過度の乾燥を引き起こしたり、肌荒れなどのトラブルが起きてしまうことがあります。

そして、何よりも怖いのが白斑という副作用です。
白斑というのは、簡単に言ってしまうとメラニン色素が抜けすぎてしまい、肌の一部分だけ白くなりすぎるという症状です。

肌が白くなるのは美白効果を求める人にとっては嬉しいことかもしれませんが、白斑はまんべんなく白くなるのではなく、一部分だけ斑点のように色素が抜けてしまうので、ファンデーションなどでも隠すことができません。

また、メラニン色素は肌細胞を守るために生成されるものなので、これが完全に抜けてしまうとその部分は刺激に対して極端に弱くなってしまうので、トラブルも置きやすくなってしまうのです。

ハイドロキノンは濃度を守って正しく使う

ハイドロキノンの副作用

ただしこういった副作用があるのは、ハイドロキノンの濃度が高すぎるものを使った場合だけです。
日本では、配合量は5%以下と決められているので、基本的に日本の化粧品メーカーが発売している基礎化粧品で濃度が守られているものであれば、副作用のリスクはほとんどないといっていいでしょう。

一時期は、某大手化粧品メーカーの美白化粧品で白斑の副作用が相次ぎ、発売中止になったものもありますが、これらのほとんどはハイドロキノンと似ているもののロドデノールという異なる美白成分が配合されていたものです。

そのため、使用する際に、日本で規定されている濃度を守っているかを確認しておけば副作用のリスクはほとんどないと言っていいでしょう。

ただしハイドロキノンは熱や光に弱く、酵素と結合すると変性してしまうので、保管方法を守って使うようにしましょう。

ベストコスメランキング

シミ対策化粧品の人気ベストランキング。トライアルセットがあるものはまずはあなたの肌との相性を実感してみるのがおすすめです。

ハイドロキノンが配合された人気のコスメ

アンプルール

美白とアンチエイジングに特化したアンプルールのラグジュアリーホワイト HQシリーズ。トライアルセットが新しくなって登場です。

ラグジュアリーホワイト HQを詳しく
ビーグレン

お悩みに合わせたトライアルセットが人気のドクターズコスメ「ビーグレン」。リピート率が高いのが期待と効果の現れです。

ビーグレン QuSomeホワイトを詳しく

気になる美白成分の効果を解説

C
コエンザイムQ10の効果・効能・副作用

コエンザイムQ10は化粧品による肌の外側のケアだけでなく、サプリメントで体の内側から働きかける成分としても人気です。では実際のコエンザイムQ10の効果とは?有名メーカーでも使われるコエンザイムQ10についてまとめました。

C
ビタミンC誘導体の美白効果・効能と副作用

そのままでは浸透率の悪いビタミンCの肌への馴染みを良くしたものがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白コスメはもちろんニキビ対策やアンチエイジングなど幅広いお悩みにマルチに対応できる成分です。

P
プラセンタの効果・効能 | クレオパトラも愛用の美肌成分

プラセンタは哺乳類が赤ちゃんを生む際に胎児を包んでいる胎盤のことです。日々成長する赤ちゃんを守り、栄養もたっぷりのプラセンタはクレオパトラやマリー・アントワネットなど歴史上の美女たちも愛用していた成分です。1000年以上もの使用歴があり、重い副作用も確認できていません。